ウーマン

ウェブ接客を導入すれば顧客がグンとアップする

展示ブースをアピールする

ウーマン

位置による効果の違い

展示会は、製造業の製品アピールの重要な機会です。その年の展示会を成功させるか否かで、翌年の売り上げに大きく影響します。そのような理由から、多くの企業が展示会に出展するのです。ただ、広い展示会場内では、何処の位置を割り振られるかによっても、集客率が違ってきます。実は人が足を止めやすい位置と、そうでない位置が、会場によって大体決まってくるのです。あまり好条件とは言えないブースが割り振られた場合でも、装飾を工夫することで、来客の足を止めることは可能となります。しかし、派手な装飾だけが効果的という訳ではありません。展示会会場において人が足を止めるのは、心理的な要素も大きいのです。人の立ち位置、目線、説明員との間合いなど、微妙な条件が人集めのポイントになるからです。展示会場が開場する前には、左程インパクトがある装飾が為されていなかったブースに人が溢れているのは、そのような理由からなのです。人目を惹く装飾も大事ですが、自社がアピールしたい製品や社会責任などを全面に出す工夫も大事です。展示内容に強いアピール性を感じれば、大抵の人は足を止めてくれます。その後の対応は、説明員の腕に掛かっています。展示会を成功させるには、その施工業者を選ぶことも重要です。展示会の集客率を上げることができる施工業者は、前出の項目を最大限に考慮しています。そのため、派手な装飾を取り除いたブースでも、人の集まり方が違ってくるのです。