男の人

ウェブ接客を導入すれば顧客がグンとアップする

成約率の高い広告手段です

電子機器

様々なサービスから検討可

ウェブ接客は2015年頃から注目されているマーケティングツールです。もともとはネット通販サイトで利用されているツールですが、ネット広告に比べて安価で導入できることから最近は分野を広げて導入が広まっています。ネット上の集客は高額なコストをかけた広告掲載が主流ですが、掲載の際に見込んだコンバージョン率を達成することが難しく想定したほどの効果が得られない現状があります。ネット上でも実店舗のように顧客ごとに合わせた接客ができたら、コンバージョン率を上げることができるのではないかと考えられウェブ接客は始められました。ウェブ接客ツールがそれぞれの顧客(サイト訪問者)が過去に閲覧した商品やサイト内のページ、購入履歴などを考慮した上でそれぞれに合わせたキャンペーンや告知を表示し、コンバージョン率、リピート率を向上し顧客ロイヤリティアップを目指します。買い物かごに商品をいれたまま、ブラウザを閉じようとする顧客にクーポン券を発行して購入を促進したり、疑問があって購入に至らない顧客に対し、リアルタイムで質問に答えるツールをもつウェブ接客ツールもあります。ほとんどのウェブ接客ツールはタグを埋め込むだけで使用が可能となり、いちからサイトの構築をする必要はありません。国内にはウェブ接客ツールを扱う業者が複数ありますので、使い方にマッチしたサービスを利用することができます。リアルタイムのアクセス解析を備えたり、ダイレクトメッセージの送信、また無料プランがある業者もありますので導入する店舗に沿ったサービスを選べます。

展示ブースをアピールする

展示会で上手く集客できるか否かは、様々な条件が絡み合います。人目を惹く派手な装飾が功を奏する場合もあれば、逆のパターンもあります。派手な装飾がないのに人があふれているブースは、来客への心理的な効果を狙っているのです。

名刺情報を手軽に活用する

名刺管理ソフトは、紙の名刺に記載された事項をデジタルデータ化し、整理できるソフトです。最近は表面をスキャンするだけでデータを収録できる製品も登場しています。デジタル化によって検索性が向上するだけでなく、あて名印刷などの作業も楽になります。

IP型とクラウド型の違い

業務効率を上げるPBXには複数のタイプが存在します。それぞれ導入のメリットは異なります。実績を取るか低コストを取るかで分かれます。自社が持つ目的と照らし合わせて双方を比較することになるでしょう。